セクキャバ求人も売り手市場

求人市場は売り手が有利

セクキャバだからって就職を舐めてはいけません求人市場は「売り手市場」と言われています。それはセクキャバ求人でも一緒です。しかし、セクキャバ店側の求人する経営サイドにとっては優秀な人材を集めにくく、求職される女性たちにとっては有利とされています。仕事の選択肢が増えることは、働く女性にとってとても良いことです。有効求人倍率などを見ても好調ですが、セクキャバで働こうと考えている女性にとっては、あまり実感のない数字なのかもしれませんね。

ここに大きな数字のマジックがあります。たしかに、求人主である経営サイドは人を欲していますので、仕事さえ選ばなければある程度の選択肢は女性に担保されているのですが、はたしてその仕事は「稼げる仕事」なのでしょうか。統計上の有効求人倍率は求職者である女性に有利な値に見えますが、その中で自分が働きたい時間に納得できるだけの給料をいただける仕事はいくつあるのでしょうか。実際に世の中にある「仕事」とは、長時間の労働を強いられ、しかも物価は上がっているわけですから必要最低限の給料を貰える仕事はあまりないのが現実なのです。

そこで「困ったら風俗・セクキャバで働こう」と、求人情報に書いてある高額な日給をたよりに、私の店のようなところに電話をかけてくる女性が多いのです。セクキャバで働こうという女性ですが、このような消去法の理由で選ばれた職場では、残念ながらこちらがいくら講習し、レベルアップをはかってもなかなか向上が見られません。

ご自分の向上をはからないセクキャバ嬢では、やはり男性客から指名を受けることは難しく、結果的に稼げないことになるのです。うちのセクキャバで稼げないからといって、他のセクキャバや風俗店の求人情報を一生懸命にチェックして、他店に流れていくセクキャバ嬢のなんて多いことか。そういうセクキャバ嬢は待機中にセクキャバ求人サイトをみて、転職(別のセクキャバ店にうつる)を考えているのでしょう。

彼女たちは向上しようとしませんから、おそらく次の職場のセクキャバ店で求人面接をクリアしたといっても稼げない結果に終わってしまうのではないでしょうか。このように、「向上心の無い女性にとっては」風俗にしてもセクキャバにしても、けして稼げる仕事であるとは言えないのです。

つまり、逆に言えば「向上心がある女性にとっては」、風俗もキャバクラも、セクキャバも稼げる仕事です。美人であることや、胸のサイズなどとは、実はあまり関係がありません。セクキャバは美人でも、向上心がなければ稼げない仕事なのです。どのような職場であっても、向上心があり目指すべき理想に向かって努力をしている女性は、稼げることができるでしょう。不幸なことは、業種や業界によってその努力が報われるか報われないかは、実際のお給料で大きな差があることもまた事実なのです。

必死に努力をしてスキルを磨いても、お給料が1円もあがらないなんてニュースはよく耳にします。その点、セクキャバには「指名料」や「チップ」など、すぐに目で見て分かる形でお給料にその努力が反映されます。実際のお金もうれしいでしょうが、自分の努力が目に見えた形で評価されるのはうれしいものです。どんな女性でもセクキャバや風俗に行けばなんとかなる、といった風俗産業が女性のセーフティネットであった時代はとうに終焉しています。向上心のあるかた、ぜひ当セクキャバ店の求人ダイアルに電話をください。最大限の講習で、おどろくほどの高収入が実現できる自信があります。