とある、セクキャバ嬢の末路

求人面接で虫歯の数を聞くのは

歯があっての笑顔の接客ですよここ最近の投稿ではセクキャバ嬢の歯についてのお話を続けています。これだけしつこくお話しするのには理由があります。今日はその重要性を説明していきます。是非、セクキャバ求人での就職活動を考えている女性には読んでもらいたいですし、今この瞬間にセクキャバの求人サイトを閲覧している女性にも見てもらいたいです。

キャラメルなどを食べて、銀歯などの詰め物が取れてしまう経験は誰しもあるでしょうね。その銀歯を持って歯科医に行くと、「虫歯ですね」ということになって再度ドリルで削られてしまいます。治療をすると、歯と詰め物の間はどうしてもデコボコができますから、どうしても虫歯になりやすいのです。子どもの歯は象牙質が薄いので、小さな虫歯でも痛みを感じやすい特徴があります。逆に大人は、歯の中にある神経を守ろうとして象牙質を厚く強化しますから痛みを感じにくいのです。詰め物の中の虫歯などは、とくに痛みを感じにくく、痛みを感じる頃にはかなり悪化した虫歯になっている事も少なくありません。

私は、セクキャバ嬢の採用を決める求人面接では「虫歯の本数」を訪ねるようにしています。一概にそうだとは言い切れないのかもしれませんが、虫歯をそのまま放置するような女性は、そのほかの美容健康関係にもうとく、ズボラな側面があるのではないかと個人的に思っています。虫歯は口臭にも影響しますので、やはり接客業であるセクキャバでお仕事をしていただくためにはプラスになる要素ではありません。セクキャバは、笑顔が大事なお仕事ですから、美しい歯を保ちたいものです。

男性のお客様からクレームが来たことがあります。サービスをされていたら、セクキャバ嬢の銀歯がポロリと取れたのだそうです。そのお客様は常連の方で、古くから定期的に当グループのセクキャバを愛用してくださるかたでした。苦笑して「銀歯が取れたのだよ」と、私に言ってきたのですが、性的に楽しもうと思って来店されていたのに、サービスをしているセクキャバ嬢自身の口から銀歯が取れてしまえば、性的興奮どころではなかったことでしょう。

平謝りに誤り、その男性客には利用料金をお返ししたのですが、やはりこのような失敗は二度と繰り返すべきではないでしょう。その銀歯のセクキャバ嬢は反省し、前歯は歯並びもよいインプラントに、奥歯の治療紺もセラミックやプラスチックの自然な歯の色の詰め物に審美治療しました。

お客様は現在も通ってきてくださり、銀歯セクキャバ嬢も元気に働いておりますので、大きな失敗でしたが未来につながる糧にできたのではないでしょうか。失敗は起こってしまうものですから、セクキャバ嬢も、これからセクキャバ嬢になろうという求人面接中の女性も、その失敗から何を学ぶかは今後のお給料に跳ね返ってきます。しっかりと考えたいものです。セクキャバ嬢である自分にこだわってほしいと切に願います。

歯のことまで細かく説明していますが、何も歯だけではありません。衣装や胸、たたずまい、言葉遣いなどなど、ほかにも気を付けるべき点が多くあります。現在は不景気だとはいえ、実は売り手市場で、就職先は選びやすい状況にあるとされています。セクキャバの求人業界も同様の状況です。

お子さんを抱えたシングルマザーの方たちも、保育園や託児所の問題などまだまだ働きにくい環境にあるかとは思いますが、10年前ほどではないのではないでしょうか。困ったら風俗やキャバクラ・セクキャバで働けばよい、そんな考えで求人面接にいらっしゃる女性もいまだにいますが、やはりいくらセクキャバだとはいえ、日常の努力やこだわりがなければ稼ぐことはできないのです。