求人応募後、セクキャバを続けるコツ

大人虫歯はセクキャバ嬢の敵

求人応募後、気にするのは歯「大人になって、虫歯にならなくなった」「小学生までに虫歯にならなければ、大人になっても虫歯にならない」。そんな噂を聞いたことがありませんか。それは全くの嘘です。油断していると、大切な歯を失うリスクがあります。そうなってからでは高額なインプラント治療か入れ歯の選択肢を選ぶしか方法はありません。大人も子供もバイトのセクキャバ嬢も同様で、虫歯の原因はミュータンス菌などの最近です。これらの細菌は、食べ物などに含まれる「糖分」をエサにして「酸」を出します。この酸が歯を溶かすため虫歯になるのです。

セクキャバの求人サイトから応募をしてくれて面接を終え、入店する女性には私から小さなギフトを送ります。求人特有の入店祝い金というわけではありませんが、それは女性らしい、まるで口紅のようなデザインの電動歯ブラシです。電動歯ブラシを求人サイト経由で入店する未経験のセクキャバ嬢に配るには訳があるのです。セクキャバ嬢に限らず、女性の歯は美しくあってもらいたいのは私のモットーです。常にカバンの中や化粧ポーチの中に入れていても違和感のないデザインは、おおむねセクキャバで働くバイトの女性たちには好評のようです。世の中の電動歯ブラシは質の悪いものもあり、「スッキリするから」と強く磨きすぎて、歯のエナメル質を傷つけたり、歯茎を痛めてしまったりするリスクがある商品も実は少なくないのです。

大人になると歯茎が下がり、根元が虫歯になりやすいことは事実です。歯の根元はエナメル質により保護されておらず、象牙質という「歯そのもの」がむき出しになっています。ただでさえ、エナメル質とむき出しの象牙質との間はデコボコしているため虫歯になりやすく、適切なケアは必須です。

ピンク色の美しい歯茎のセクキャバ嬢は、にっこりと笑った時に、美しいピンク色の歯茎が少し見えると、男性客にはおおむね好評のようです。「笑顔が自慢のセクキャバ」は、当グループ店の求人キャッチコピーですが、それを実現するためにはセクキャバ嬢であるみなさんの協力が必要なのは言うまでもありません。

セクキャバ嬢の氏名も「見た目が9割」で間違いないでしょう。「人は見た目が9割」というベストセラーがありました。心理学では「メラビアンの法則」というのですが視覚からの情報によって55%の印象は決定されてしまうのです。リピーターさんの獲得には、プレイ内容がどれだけ充実していたかで決定される要素が大きいのですが、やはり初めてのお客様にとっては、どのようなプレイをして満足させてくれるかは推し量ることしかできません。

はじめてのお客様には「写真指名」といって、チェキなどのインスタント写真の表情と、年齢などのかんたんなプロフィールによって、どのセクキャバ嬢を指名するかを決めるのです。「写真指名」において、やはり笑顔が重要なのです。

ホームページなどにおいて、親バレや彼氏バレを気にして「目を隠したい」という女性も求人面接にいらっしゃいます。ご事情は理解できますから、いくら顔を出した方が指名客を取れて、指名バックも獲得できるからといって、無理に顔を出す必要はないでしょう。目を隠した場合は、それこそ「歯」がそのセクキャバ嬢を印象付けます。当店で写真指名用の写真にインスタント写真を使用しているのは、加工していない自然な表情をお客様に伝えたいからです。いくら求人サイト用に写真だけ加工しても、実際のセクキャバ嬢を見てしまえば加工していることはわかってしまいます。それは、お客様にとって失望という結果しか生まず、継続指名をいただくためにはかえってマイナスになるからです。