セクキャン嬢と口腔ケア

指舐め行為こそセクキャバの神髄

指舐めできるならセクキャバ求人に応募しようセクキャバ求人のウリはソフトサービスです。風俗の求人とは異なり、ハードではありません。そのセクキャバのサービスで男性から人気なのが「口でのサービス」です。口のサービスと言っても風俗求人のようなリップでのサービスではないので安心しください。

実は、男性客の多くは指を舐められると律せられるという方が多いのです。性器を舐める行為で男性が興奮するのは、性風俗に詳しくない求人面接に来たばかりの女性であっても想像がつくかもしれません。ではなぜ、男性客は指を舐められると興奮するのでしょうか。それは、セクキャバに「セクシー」という枕詞がなぜついているかと考えるとわかるのかもしれません。

セクキャバは男性を興奮させる仕事です。それは風俗でも同じですが、セクキャバの仕事は少し違ってきます。その違いこそがセクキャバ求人の良さなのですから。一般的なキャバクラよりセクキャバの利用料金は安めです。大雑把な話をすると、セクキャバはピンクサロンやキャバクラより安く、ピンクサロンやキャバクラは風俗より利用料金は安いのです。

ピンクサロンと風俗では、男性の性的興奮は絶頂を迎えます。つまり、射精させることが暗黙の了解になっているサービスです。セクキャバは、一部を除いてキャバクラと同様に射精させるサービスはありません。それは求人サイトにも書かれていることでしょう。男性は、指を舐められると興奮することは話しました。男性の指は棒状で長いものです。フロイトという心理学者の説によれば、棒状のものは「男性器の象徴」であります。「男性器の象徴」を舐める行為は、それはすなわち自分の性器を舐められることであり、指を舐められた男性は、指を舐められている間に自分の男性器も舐められることを無意識にも有意識にも想像してしまうのです。

セクキャバ嬢たちに、長時間自分の指をベロベロと舐められるうちに、男性客の下心が高揚して本物の男性器を早く舐めてもらいたい気分に導かれるのです。実際に射精に導くことはありませんが、このような「十分な前儀」こそ、セクキャバが提供するサービスなのです。これがセクキャバ求人でいうところのソフトサービスなのです。

単純に、男性器を舐めてもらいたいのならピンクサロンや性風俗店に足を運べば良いのです。セクキャバに通ってくださる男性客は、男性器を舐めてもらいたい単純な動機ではなく、男性器を舐めてもらえる行為への道のりをゆったりと楽しみたいのであり、それをまた好ましいと思っているのでしょう。インフルエンザの大流行から、多くの飲食店やショッピングモールの入り口などにはアルコールの除菌スプレーが常設されています。そのことからもわかるように、手指には多くの雑菌がいるものです。男性客の指を舐める前に、おしぼりで軽くぬぐうことはできますが、事実上、アルコールなどでしっかりと除菌をするのは難しいでしょう。男性が興奮から遠ざかってしまう懸念がありますから。ウオッカやジンなどのアルコールの濃度の高い酒類を口に含んでから、男性客の手指を舐めるセクキャバ嬢もいますが、その効果はやはりある程度気休めと思うしかないのではないでしょうか。リップサービスを提供するからこそ、セクキャバ嬢は口腔を清潔に保つ努力を怠ってはならないのです。

このように、除菌のことを話すと、まるでセクキャバが最近の温床のように勘違いされたかもしれませんね。求人面接時にも「病気になったりしないのでしょうか」などという問い合わせもあります。グループ店の求人サイトにも掲載していますが、私のセクキャバ店は全てにおいて、女性専用のバックヤードにはアルコール除菌スプレーとマウスウオッシュは完備しています。求人応募後の体験入店時にフロアやバックヤードを見学していただくと皆さん安心されるので大丈夫ですよ。