集まるセクキャバ求人への不安

セクキャバで無理やり働かされた?

不安を取り除いてセクキャバ求人に応募セクキャバの求人面接をしていると、ネガティブな情報に踊らされてしまっている女性によく会います。

それは、「ヤクザと関係があるのではないか」「簡単に仕事を辞められないのではないか」「ブランド物を買ってしまい借金苦になるのではないか」などなど、どこかの安っぽい雑誌かテレビ番組の影響なのでしょうか。求人面接の時間も限られているというのに、そんな質問をしてきて、私が笑って否定しても「でも」「でも」と眉をひそめて悲壮感一杯の表情の女性。

「当店はそんなことはありません。それでも信用できないのなら、どうぞ遠慮なさってください」と言っても、納得のいかない表情。このような女性は何を求めているのかというと、「自分は嫌だったのに、説得され無理やりセクキャバで働かされた」というストーリーなのです。

セクキャバでの失敗は恐れることはないないですよ。このような女性は本当に一部なのですが、たまに求人面接にいらっしゃるのです。どこか、セクキャバ自体をバカにされている側面があるのではないでしょうか。なぜならば、セクキャバのお仕事自体をそんな動機でスタートしても「適当にやれば稼げる仕事」だと思っていらっしゃるのでしょうから。

「自分がセクキャバを選んで入店した」と思っていないのであれば、やはり仕事場でも嫌々働くのでしょうからやりがいも見つけられず、接客技術も向上しません。それは誰でも失敗やミスはしてしまうでしょう。でも、そこで男性を律するために自分は今後どうしていけばいいのか、自分の給料と評価を上げるためにはどうすべきか、同じミスを繰り返さないためにどのようにすればいいのか、それを真摯になって少しずつ考えていくしかないのです。

セクキャバでの失敗を恐れることはありません。私たちには何年もの間に築き上げた教育スキルがあります。どうぞ求人面接では何でも聞いて、不安の無い状態で気持ちの良いお仕事をしていただければと思います。失敗はセクキャバの母であるのです。

「のど元すぎれば熱さ忘れる」、楽観バイアスの話を少ししましたが、なるべく初めの間に、印象的な方法で失敗をした方が、同じ失敗を二度としないようになると思っています。もちろん、私の立場から「どんどん失敗をしなさい」とは言いにくいのかもしれませんが、私は常に「失敗をしなさい」と女性たちには言い続けています。

最初の給料を散在しなさいという話も同様なのです。人間は、常に忘れていく生き物です。最初は様子見で猫をかぶっていても、少しずつずるずると堕落し散在してしまう経験は、おそらく誰にでもあるのではないでしょうか。どうせそのようになってしまうことがわかっているのでしたら、「最初の一回だけ」散在するのは、自分からトラウマを受け付けることに繋がりますから、今後の人生において大きな糧となるのです。

セクキャバは口を使うお仕事です。お喋りという意味でも、それ以外でも、セクキャバは「口」を使うお仕事であります。お喋りや呼吸だけでなく、食べることにも大事な「口」。その口を酷使するお仕事でもあるセクキャバ嬢は、口のトラブルを抱えないことも長く勤めるためには大切です。口の衰えは全身のトラブルの元凶になりますから、美味しいものを食べて美しくあるためにも、口まわりは常に健康でいたいものです。