セクキャバのお仕事で確認すべきこと

求人面接では託児所のシステムを確認しにくい

託児所併設のセクキャバなら安心セクキャバ求人に応募するシングルマザーにとって、最も気になるのが託児所のシステムです。セクキャバ店によっては「託児所」と言っておきながらも、バックヤードの二畳ほどのスペースに座布団を敷いただけの場所を「託児所」と読んでいるなどの場合もあるといいます。

当社のセクキャバ店は、保育士資格保持者が常駐している場合もありますし、同僚たちが持ち回りで面倒を見るボランティアシステムのところもあります。利用料も無料のところから、実費負担、有料までさまざまです。求人募集の待遇欄にしっかり明記しております。

問題は、求人面接時にはどのような託児所なのかは判断ができないということ。勤務希望のセクキャバ店の求人面接から、どのような待遇があるのか、福利厚生はどうなっているのかなど自分が受け取ることばかり効きにくいものです。まずは、自分のできること・できないこと、やりたいこと・やりたくないこと、なりたいこと・なりたくないこと。それらを明確に伝えることが求人面接では何より大事です。託児所がキチンとしていると、それだけ目当ての女性が求人面接にやってくることが、当社のセクキャバ店でもありますが。

セクキャバの託児所は保育園ではない

セクキャバ街には24時間OKの託児所があります平日は、おやつ代として100円、希望者には幼児食の宅配を実費で手配しています。土日祝日は、おやつは持参です。毎月第3木曜日は、管理栄養士の先生による栄養相談会を無料で開催しています。当社のセクキャバ店の託児所は保育園ではありませんから、どうしても手弁当での運営になりかねません。

うちのセクキャバ店の場合は、平日は朝から夜まで保育士が常駐していますから、比較的利用者には好評のようです。利用者はもちろんシングルマザーだけではありません。小さなお子さんを抱えながら、働いているママさんも数多くセクキャバでは働いています。託児所サポート委員会制度もあり、毎月ボランティアスタッフの皆さんで、より良い託児所についての話し合いが行われています。実際に利用している方たちが話し合って、基本的には運営している託児所です。みなさんの笑顔は、男性客たちを律するためには必要なエネルギーだと考えています。少しでも働きやすく、長くこの職場を愛していただけるように、託児所以外でも福利厚生については考えていきたいと思っています。これも求人募集をする際の売りとなります。待遇がしっかりしているセクキャバ店のほうが、やはり稼ぎやすいしょう。

セクキャバと託児所はあえて別フロアに

ママは子供の為にセクキャババイト現在は、お母さんたちの職場であるセクキャバと、託児所は別フロアにありますが、昔はバックヤードの一部分に託児所を置いていました。子どもの顔が近いほうが、お母さんたちも安心して働けるのだろうなと考えての選択でしたが、セクキャバとしてはこの判断は誤りであったと言わざるを得ません。お母さんたちが女の顔ではなく母の顔になってしまうのです。それは、小さな子どもたちのことですからバックヤードの鍵を勝手に開けて、女性たちの待機室にまで事実上ちょろちょろしていたからかもしれません。

セクキャバであるからには、男性客を律せなければなりません。あえて、別フロアに託児室を移動してからは、このようなトラブルも少なくなりました。お母さんたちは「休憩」時間を利用して、階段を登って我が子らの要素を見に行きます。この適度な距離感は人によっては様々なのかもしれませんが、現在のところ概ね好評なセクキャバと託児所の距離のようです。

これらのことを参考にセクキャバ求人を検索してみてください。