セクキャバ求人が最も稼げる

セクキャバが稼げる理由

セクキャバ求人はシングルマザーの味方これほど性風俗が身近になった時代は、珍しいのではないかなと思う。性風俗を利用する男性客は年々減少傾向なのは否めない。生涯年収の低下や、性欲旺盛な若年層の人口が年々減少していること、若者の草食化など、どの原因はいくつかあるがここではそれは主題ではない。性風俗が身近になっているのは、女性たちにとってなのだから。

私はセクキャバを何店舗か経営しているのだけれど、そこで働く女性たちの多くがシングルマザーである。もちろん、それは自然とシングルマザーが集まったのではない。託児所を別フロアに完備し、求人広告でもそれをアピールして、あえてシングルマザーの女性が働きやすいような環境を作ったのだ。どうしてかというと、セクキャバという職種は男性客に短時間で濃厚なリラックスを提供すべき業種であり、そのためには経産婦であることはひとつの大きなメリットになるのではないかと考えたからだ。

何も、シングルマザーたちの求人情報探しを支援するつもりで採用をしているつもりは毛頭ありません。たしかに、セクキャバは他のアルバイトやパートに比べれば高収入ではありますし、自分の都合に合わせて働く時間を決めやすい職種ではあります。自分ひとりで生活しているだけなら、さほど必要にならない金銭であっても、子どもがいるとなってはなかなか最低限以上の稼ぎを担保せざるを得ません。当然のようにある程度、子どものために働かなくてはならない状況が生まれてきます。

さまざまな求人があるでしょうが、この不景気の時代において満足行くだけの収入を得ることができる仕事はなかなか見つからないのが現実です。何か特別な資格や才能があるなら特別な仕事に就くこともできるでしょうが、そんな求人に出会うことができるのは一握りの人材だけでしょう。収入面や能力面で希望にあった求人と出会うことができたとしても、子どもを抱えてとなるとさらに条件は厳しくなってしまいます。そんな環境的な要因で、せっかくの能力を活かしきれていないシングルマザーが数多くいることを知りました。ならば、まずは託児所を設ければ、才能あるシングルマザーの能力を活かせるのではないかと考えたことがひとつの始まりであったことも否定できません。

セクキャバの魅力は高収入であること

生理休暇の充実がセクキャバ求人の魅力セクキャバがシングルマザーにとって稼げる仕事である理由は、時給制プラス歩合制のお仕事だからです。時給で決められた範囲の仕事をこなすと同時に、しっかりと結果を残すことができればそれは歩合給としてお給料に反映されます。能力や才能のある皆さんをきちんと評価をしたいのはやまやまですが、家庭の都合上、すべて歩合給にされてしまうと息が詰まる場合もあることは、多くのシングルマザー就労者へのインタビューにより明らかにされました。

お子さんが病気の日や、生理の日なので短時間だけ働きたいなど、歩合給を狙って全力で働くのではなく、サポートとしてきちんと仕事をしたい日もあるでしょう。それは、シングルマザーでなくとも同じです。どうしても接客業ですから、指名が入ればその男性客の満足を最大限に達せさせるために全力をつくすのがセクキャバ嬢ならではの役割です。サポートとそれとを上手に組み合わせて、店舗全体としての勢いは維持しつつ、フレキシブルな働き方を可能になるよう留意したつもりです。

セクキャバ都合と自分の都合

ライバルの存在がセクキャバ嬢を高める歩合給のある仕事では、どうしても休んでいる間にライバルに成績を奪われるのが怖くて休めないなどというジレンマを感じることがあるようです。セクキャバの指名は、キャバクラの多くとは異なり永遠ではありません。その日の気分で集まってくる花びらは異なりますので、男性客との縁に感謝しながら、自分の能力や男性客の満足度に応じた歩合給を頂戴することができるのです。

急なお子様の発熱など、当日にならなければわからないことも数多くあると思います。まずはトラブルで出勤できなかったり、遅れそうとわかったりした場合は、求人専用の電話でも代表電話でも構いませんので必ず連絡をください。子供の運動会など前もって予定が立っているのならば、遠慮することなく休みを取ってください。

なかなか自分の都合だけでシフトを組むのは気が引ける方もいらっしゃるかもしれませんが、お子さんについて、また、自分の気持について、希望しないシフトであればどうしても心か体に無理が出てしまい、十分なパフォーマンスで男性客に接することができなくなります。男性客が満足できなければ、それはセクキャバであれば最も避けるべき結果です。男性客のもとに集う花びらはその日の縁の枚数と等しいのです。花弁の色は様々ですが、それぞれ自分らしい色や薫りで、男性客を律していただければと考えています。

セクキャバで働く上でネックになること

セクキャバ求人は託児所施設を完備しているお店も掲載多くの仕事で、働く女性にとって子どもがいることはプラスにはならないでしょう。もちろん人生にとって、あなたに子どもがいることは大きな喜びをもたらすでしょうし、気づくことや、逆に教えられることも多数あるでしょう。しかし、働く上では子どもがネックになることも多いことは事実でしょう。急な発熱や不都合な理由での欠勤を満面の笑みでOKとする企業は少ないからです。しかし、多くのセクキャバは託児所と提携していたり、託児ルームを設けていたりする場合が多いようです。わたしの系列店でも、別フロアに託児所を併設しています。

お子さんを安心して預けて、男性客を律する仕事に集中してもらえるように、託児所には保育資格保有者や育児経験者を常駐させるように心がけています。ほかの仕事の場合、子どもがいることが求人面接での採用のネックになる場合もあるのかもしれません。ですが多くのセクキャバの場合は、バックアップの体制が整っていますので、なるべく求人面接時には正直に事情を話してもらえればありがたいです。

シングルマザーであること、子どもがいることがネックとなって採用されないなんてことは全くありえません。逆に、そのことを黙っていることは貴女のストレスにもなりますし、お子さんの身の安全にも関わるでしょう。託児所スタッフの人員やスペースの都合もありますので、求人面接時にはすべてを正直にお話いただいたうえで、弊社にとっても貴殿にとっても最もよい働き方を考えさせていただくように心がけております。私が経営するセクキャバ店の多くは、セクキャバを専門に集めた求人情報サイトに応募情報を掲載していますので、是非ご覧ください。